%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%97%E3%82%99%E3%
%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A1%25E3%2581
JA兵庫西太子いちじく部会
西播磨フルーツ8_flag_O_finフチ付き_cc.png
揖保郡太子町
西播磨フルーツ8_いちじく_finフチ付き_cc..png
 収穫 
7月中旬〜11月
西播磨フルーツ8_いちじく_finフチ付き_cc..png
​農園・販売店のご紹介

太子町原

近隣スーパーマーケット/近隣直売店

太子町役場庁舎前「太子ふれあい市」

廣岡隆一さん

今年で栽培7年目になる廣岡隆一さんの農園です。専門家による指導やアドバイスを受けながら85本のいじちくの木を育ててらっしゃいます。

「13度以上の糖度、理想的な色づき、適度にやわらかい実を収穫するには、陽当たりが欠かせないし、台風や強風による表面の傷みを防ぐために、皮と葉裏が擦れない工夫も必要です」と天気とともに進めるいちじく栽培のポイントを分かりやすく教えてくださいました。

販売は、ヤマダストア(青山店、新辻井店、網干店、花田店、北野店、阿弥陀店)、JA旬彩蔵たつの、太子ふれあい市(@太子町役場庁舎前)で販売予定です。

SDIM6907.JPG

太子町太田

近隣スーパーマーケット/近隣直売店

太子町役場前「太子ふれあい市」

広田敏勝さん

成長し続けるいちじくの実から広がるさわやかだけどほのかに甘みのある香り。これはハウス栽培だからこそ感じることのできる魅力。いちごの高設栽培用のハウスを利用して、12年前からいちじく栽培を続ける広田さんの農園です。

80本の木のうちハウス内の70本の枝は、露地で標準的な15段からははるかに高い20〜22段まで高く大きく誘引され、露地と比較すると約一ヶ月実の成長が早いそうです。収穫への大敵である雨や風から確実に守られた実は7月から収穫出荷が始まります。

販売は、ヤマダストア(青山店、新辻井店、網干店、花田店、北野店、阿弥陀店)、JA旬彩蔵たつの、太子ふれあい市(@太子町役場庁舎前)で販売予定です。

SDIM6924.JPG

​太子町常全

近隣スーパーマーケット/近隣直売店

太子町役場前「太子ふれあい市」

曽田俊之さん

地域で育てていたベテラン生産者からのアドバイスを受けながら、2004年に40本でいちじく栽培をスタート。2007年に60本追加で合計100本。そのうちの40本を4年前に義弟・黒田清文さんに任せ、現在は60本を大切に育てる曽田さんの農園です。

いちじくの実をつける葉の根元の位置を「節」で表現しますが、こちらでは20節が目安。高く伸びた枝にはたくさんの実が熟す季節を待っています。

販売は、ヤマダストア(青山店、新辻井店、網干店、花田店、北野店、阿弥陀店)で販売予定です。

SDIM7146.JPG

太子町常全

近隣スーパーマーケット/近隣直売店

太子町役場前「太子ふれあい市」

黒田清文さん

今年で4年目を迎える黒田清文さんの農園です。40本の木を義兄の曽田俊之さんから引き継ぎ、桝井ドーフィンのいちじくを大切に育てらっしゃいます。

黒田さんは、農林水産省に勤務していたキャリアのある農業のプロフェッショナル。お米や野菜も育てるかたわらのいちじく栽培ですが、20段に及ぶ枝からたくさんの実が育っています。

販売は、ヤマダストア(新辻井店、網干店、花田店、北野店、阿弥陀店)で販売予定です。

SDIM7163.JPG