SDIM6358_edited.jpg
%E3%81%B5%E3%82%99%E3%81%A8%E3%82%99%E3%
西播磨フルーツ8_flag_O_finフチ付き_cc.png
西播磨フルーツ8_ぶどう_finフチ付き_cc.png
船坂のぶどう
​上郡町

「船坂のぶどう」として60年以上上郡町を中心に栽培が続けられ、収穫シーズンには長年のファンが集まるぶどうです。現在は12軒の生産者が上郡ぶどう部会として活動。12軒の中には、ワインづくりをする生産者さんもいらっしゃるそうです。

お盆明けからそれぞれのぶどう園での直売が始まるほか、JA旬彩蔵などでももぎたてを楽しむことができます。

 収穫 
9〜10月
西播磨フルーツ8_文字_O_fin_フチ付き_cc.png

船坂のぶどう

 
西播磨フルーツ8_ぶどう_finフチ付き_cc.png
​農園・直売所
会える、買えるスポットをご紹介します。

赤穂郡上郡町船坂355

TEL:0791-55-0359 (ぶどう園直通)

受付時間 00:00~00:00

  

農園直売

樫本ぶどう園

3代目の裕一さんが、ご家族と一緒に大切に育てるぶどう園です。

品種は、「藤稔」「ピオーネ」「高妻」「シャインマスカット」「瀬戸ジャイアンツ」など5種類。お盆明けから直売が始まる予定です。

SDIM6377_edited.jpg

赤穂郡上郡町船坂

TEL:0791-25-6039 (ぶどう園直通)

受付時間 9:00~17:00 

 

農園直売・近隣直売店

山口ぶどう園

銀行退職後、オーストラリアへの移住準備のために65歳で語学留学、70歳から3年半移住を実現。帰国後、数度の引っ越しを経て、上郡町にログハウスを建て、お父様から受け継いだ土地を開墾。まず天蚕の飼育をはじめたが、2011年12月からぶどう栽培に転向。とにかくアクティブな暮らしを追求してらっしゃる山口晄一さんのぶどう園です。

藤稔、ピオーネ、シャインマスカットなど人気品種も育てながら、メルローやピノノワール、シャルドネ、カベルネソービニオンなどワイン用ぶどうの栽培も手掛けます。次なる夢の実現はワイナリーづくりだそうです。

農園直売のほか、JA旬彩蔵上郡でも販売予定です。

IMG_6358.jpeg

赤穂郡上郡町船坂292

TEL:0791-55-0204

(ぶどう園直通・事前問い合わせを)

受付時間 9:00-17:00  

農園直売・近隣直売所

沖中ぶどう園

60年以上の歴史とノウハウを3代目になる誠さんが引き継ぐ沖中誠さんのぶどう園です。

ここ数年の夏の高温や短時間の豪雨などの急激な気候変動によって、それまで成長してきた実の割れや過剰な水分吸収などへの難しい対応という、これまで経験のない課題にも生まれる中、「房が大きく育ったぶどうの姿を目にすると、毎日の作業の厳しさや忙しさが報われた気がする」と話してくださいました。

​8月下旬頃から藤稔、ゴルビーの収穫が始まり、その後、ピオーネ、シャインマスカットへと続きます。

沖中さんのぶどうは、農園隣接の直売所のほか、JA旬彩蔵上郡でも販売予定です。

SDIM7187.JPG
西播磨フルーツ8_ぶどう_finフチ付き_cc.png

赤穂郡上郡町山野里2747-13

TEL:0791-56-8003

(ぶどう園直通・事前問い合わせを)

受付時間 9:00-18:00 

農園直売(8/20開店予定)、近隣直売店

ピュアグレイス マルショウ園

「父の時代からの常連のお客様や品種ごとにこだわりのあるお客様に、これまでと変わらないクオリティのぶどうをお届けしたい」と強い意気込みを聞かせてくださったマルショウ園代表の川野裕行さんご家族の農園です。

裕行さんは義父のぶどう園を引き継ぐために、2年前にメーカー勤務を退職し農園継続に集中。ご親戚や生産者、県の指導員のアドバイスを受けながら試行錯誤の毎日。そして、奥様は三日月高原ぶどうの生産農園で1年間研修し、実地での経験を裕行さんと共有しながら栽培が続きます。

品種は、藤稔、ピオーネ、ブラックビート、紫玉、ベニバラード、紫苑、シャインマスカット、瀬戸ジャイアンツ、翠峰の品種。安芸クイーンや涼香、サンベルデ、クイーンニーナなども来シーズン、来々シーズンへ向けて育成中です。

川野さんのぶどうは農園隣接の直売所で8/20から販売予定です。

SDIM7200_edited.jpg