SDIM2221のコピー.JPG
太子サンショウ研究会
西播磨フルーツ8_flag_O_finフチ付き_cc.png
太子町

2017年(平成29年)から休耕田を利用して栽培が始まり、当初440本だった山椒の木は現在1600本に。研究会の会員も19名に増え、生産体制も年々充実している山椒栽培です。

西播磨エリアで生まれる山椒は「西はりま山椒」と名付けられてブランド化。その中でも太子町で生産されるものを「明日香の露」と命名し、周辺のカフェやレストランでの独自メニュー販売や加工品の生産などに展開ししています。

 収穫 
5月下旬
A2ポスターoutline.png
西播磨フルーツ8_文字_O_fin_フチ付き_cc.png

西はりま山椒

西播磨フルーツ8_山椒_finフチ付き_cc.png
 
森田会長&小椋副会長からのメッセージmovie
西播磨フルーツ8_山椒_finフチ付き_cc.png
2021/2/19 山椒の木 剪定研修会movie
​農園・直売所・収穫体験
会える、買える、収穫できるスポットをご紹介します。
このプロジェクトでは、西播磨エリアのお店ともコラボ!
地元のプロフェッショナルがつくる
西播磨フルーツの新メニューをご紹介。
​お店に出かけて、ぜひ!
​(現在制作中です)
西播磨フルーツ8_flag_O_finフチ付き_cc.png
​山椒の新メニュー登場!

collaborations

​(現在制作中)