SDIM5008_edited.jpg

西播磨フルーツ∞プロジェクト

​について

みかん、ゆず、いちご、メロン、ぶどう、いちじく、

うめ、山椒、りんご、ブルーベリー。

相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、太子町、上郡町、佐用町の地域で栽培されている代表的な10種類のフルーツを

「西播磨フルーツ∞(エイト)」として、

地域はもちろん、兵庫県、関西、全国へとPR。

 

訪れる旅の楽しさとともにフルーツ狩りや生産者とのコミュニケーションを満喫していただきます。

さらに西播磨のパティシエやシェフ、食のプロフェッショナルとのコラボレーションを実現。新たなフルーツメニューの開発やアレンジレシピを発信しします。

 

毎日の暮らしに西播磨のフルーツが定着することを願いながら、推進しているプロジェクトです。

SDIM2221のコピー.JPG

LOGO MARK

10のフルーツはそれぞれ生産者さんによって、

大切に育てられています。

​フルーツの美味しさはもちろんですが、

作り手の思いもお届けしたい。

そんな思いをこめたロゴマークです。

西播磨フルーツ8ロゴ_finフチ付き_ccのコピー.png

参加生産者

ゆず

小河ゆず栽培組合

相生市矢野町小河

昭和56年から地域おこしとして、ゆずの木を植樹し栽培。

​平成3年には女性ばかりで構成される加工部を設置し、加工製品の開発販売を進めています。

SDIM4579-2.jpg

みかん

​赤穂柑橘部会

@

赤穂市塩屋

​ナガオファームをはじめとする

生産者直売のほか、髙木農園観光ではミカン狩りを楽しめます。

SDIM4600-2.jpg

いちご

西播磨のいちご

​@

相生市、赤穂市、上郡町、佐用町

佐用町から赤穂、相生まで

西播磨地域の広い範囲で栽培され人気を集めている​いちごです。

SDIM4921_edited.jpg

メロン

矢野メロン部会

@

相生市矢野町

予約注文が人気で​ほとんど

市場に出回らない幻のメロン

S__26533966_edited.jpg

メロン

やまさき夢メロン

​宍粟市

メルティング質と呼ばれる、とろける食感が特徴の札幌キングメロンを、「やまさき夢メロン」というブランドで、兵庫県内で唯一生産してらっしゃる農園です。あふれる香り、糖度たっぷり、赤い果肉が大評判!皮が柔らかいので、ギリギリまで食べることのできる一方で、傷つきやすいため広範囲への流通が難しく、全国でも稀少な存在のメロンです。

梅pixta01.jpg

いちじく

JA西播磨いちじく部会

​上郡町

%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%97%E3%82%99%E3%

ぶどう

しそうブドウ生産組合

​宍粟市

ぶどうpixta02-2.jpg

ぶどう

三日月高原ぶどう生産組合

​佐用町

ぶどうpixta02-2.jpg

​うめ

農事組合法人 黒崎梅園組合

たつの市御津町

1960年代後半から綾部山の開墾を進め、梅の実の収穫がはじまりました。その後さまざまな社会情勢とともに、実の収穫に加えて、園を開放し、毎年2月中旬から3月下旬の観梅公開を実施。35000人を超える来場が続いています。

梅pixta01.jpg

りんご

原観光りんご園

​宍粟市

1981年(昭和56年)に開園。1300本のりんごの木で「つがる」、「紅将軍」、「ジョナゴールド」、「秋映」、「王林」、「シナノスイート」、「ふじ」をはじめとする17種類のりんごを栽培し、収穫体験もできるりんご園。

HaraAppleGarden_lo goカラー_20190827.png

山椒

太子サンショウ研究会

​太子町

2017年(平成29年)から休耕田を利用して栽培が始まり、当初440本だった山椒の木は現在1600本に。研究会の会員も19名に増え、生産体制も年々充実している山椒栽培です。

西播磨エリアで生まれる山椒は「西はりま山椒」と名付けられてブランド化。その中でも太子町で生産されるものを「明日香の露」と命名し、周辺のカフェやレストランでの独自メニュー販売や加工品の生産などに展開しています。

A2ポスターoutline.png

ブルーベリー

​波賀ブルーベリー部会

​宍粟市

1999年に栽培を始めて以来、約20年間、波賀の夏にはなくてはならないフルーツとして愛されてきたブルーベリーです。毎年8月上旬にはブルーベリーまつりを開催し、多くのファンが集まっています。

​現在は7軒の会員が栽培・出荷・販売を分担しています。

AA3Q0583%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%8